データで見る子どもを私立中学に進学させる親の年収ライン

icatch-nenshu

子どもを私立中学に行かせる予定はなくても、お子さんが「私立中学を受験したい」と言い出したら願いを叶えてあげたいと思うのが親心。

中学から私立に通った場合、家計はどのような状態になるのか?年収は最低どれくらい必要なのか?を検証していきます。

入学金・授業料だけではない

パンフレットや中学受験のガイドブックには、入学金や授業料が掲載されています。これだけを鵜呑みにしてギリギリ足りると入学を決意するのは危険です。

入学してから予想外にお金がかかったという声をたくさん聞きます。

施設維持費やPTA会費にけっこうな額がかかる

中等部入学時 高等部進級時
入学金 ¥250,000 ¥230,000
施設設備資金 ¥100,000 ¥70,000
合計 ¥350,000 ¥300,000
学費等の年額 中等部 高等部 月あたり
授業料 ¥456,000 ¥38,000
施設維持費 ¥150,000 ¥12,500
PTA会費 ¥13,000
後援会費 ¥7,500
生徒会費 ¥9,600
副教材等予納金 ※ ¥120,000 ¥90,000
合計 ¥756,100 ¥726,100
平均的な私立中学の必要費用を受験ボックスで算出

副教材等予納金がほとんどの学校で必要される

副教材等予納金とは、授業で使う副教材のほか、校外授業、芸術鑑賞、宿泊行事等の特別活動、模擬試験、英語検定等にかかる費用をあらかじめ学校側に預けるものです。もし余った場合は卒業時に精算されます。

制服代も忘れてはいけない

seihuku01

制服は必需品になっていますので、絶対にかかる費用として計算をする必要があります。ブレザーやスカート、通学用のかばん、ローファーなどの靴を合わせると平均的には10万円ほど必要になります。

クラブ活動の費用も忘れてはいけない

クラブ活動

クラブ活動が盛んな学校へ入学した場合は、夏の合宿だけでも5万円かかることも珍しくありません。ジャージやシューズなどが必要なクラブ活動に入ったらその分お金が必要になってきます。

修学旅行費が近年高騰している

修学旅行

修学旅行は昔は国内が多かったですが、近年はオーストラリアやニュージーランド等海外へ行く私立中学が増えてきました。

短期ホームステイをする場合は平均40万円必要となります。短期ホームステイがない場合でも平均30万円必要となります。

学習費総額の平均額が私立中学の場合、年間1,338,623円

文部科学省が数年に一度行っている平成26年度子供の学習費調査の発表によると、私立中学の場合、1,338,623円が年間でかかっているとされています。

学習費用

学習費総額というのは、以下の4つで定義されます。
参考URL:文部科学省 子供の学習費調査

1.学校教育費

学校教育のために各家庭が支出した全経費で、学校が一律に徴収する経費(学校調査)及び必要に応じて各家庭 が支出する経費(保護者調査)の合計額を指します。

授業料 幼稚園保育料、私立中学校・公私立高等学校の授業料として徴収した経費
修学旅行・遠足・見学費 修学旅行・遠足・見学を行うために徴収した経費
学級・児童会・生徒会費 学級費・クラス会費として徴収した経費及び全校の児童・生徒を対象とする児童会・生徒会費として徴収した 経費
PTA会費 学校・学級・地域等を単位とするPTAの会費として徴収した経費
その他の学校納付金 当該学校に入学するための入学検定料・入学金、私立学校における施設設備資金及び上記以外の学校納付金で, 保健衛生費、日本スポーツ振興センター共済金等の安全会掛金、後援会費、冷暖房費、学芸会費等として徴収し た経費
寄附金 全く個人的な寄附金を除き、学校全体として集まった寄附金
教科書費・教科書以外の 図書費 授業で使う教科書(高等学校のみ)及び各教科などの授業(幼稚園の場合、保育上使用)のために、先生の指 示などにより購入した必須図書等の購入費
学用品・実験実習材料費 学校の各教科などの授業で必要な文房具類、体育用品、楽器、製図・技術用具、裁縫用具等の購入費及び調理 用の材料購入費等
教科外活動費 クラブ活動(課外の部活動を含む)、学芸会・運動会・芸術鑑賞会、各教科以外の学級活動(ホームルーム活 動)、児童会・生徒会、臨海・林間学校などのために、家庭が直接支出した経費(飲食、お土産等の個人的に要 した経費を除く)
通学費 通学のための交通費、スクールバス代、自転車通学が認められている学校での通学用自転車購入費等
制服 学校が通学のために指定した制服一式(標準服を含む)で、いわゆる学生服以外にブレザー、ネクタイ、シャ ツ・ブラウス等を含むが、制服以外の衣類は除く
通学用品費 通学のために必要な物品の購入費で、ランドセル、かばん、雨傘などの購入費
その他 上記のいずれにも属さない経費で、学校の徽章・バッジ、上ばき、卒業記念写真・アルバムの代金等

2.学校給食費

幼稚園・小学校・中学校において、完全給食、補食給食、ミルク給食等給食の実施形態に関わらず、給食費と して徴収した経費を指します。

3.補助学習費

予習・復習・補習などの学校教育に関係する学習をするために支出した経費 ただし、学校で使用するものと共用のものは「学校教育費」としています。

家庭内学習費 家庭の中での学習に使用する物品・図書の購入費
(内訳)物品費 学習机,いす、本棚、カセットテープレコーダー、パソコン(補助学習用)等の購入費
(内訳)図書費 参考書、問題集、辞書、百科事典、学習用カセットテープ・パソコンソフト等の購入費
家庭教師費等 家庭教師への月謝(謝礼)、教材費、通信添削などの通信教育を受けるために支出した経費
学習塾費 学習塾へ通うために支出した全ての経費で、入会金、授業料(月謝)、講習会費、教材費、通っている学習塾 での模擬テスト代、学習塾への交通費
その他 予習・復習・補習のための図書館などへの交通費、公開模擬テスト代等

4.学校外活動費

知識や技能を身に付け、豊かな感性を培い、心とからだの健全な発達を目的としたけいこごとや学習活動、ス ポーツ、文化活動などに要した経費(複数で共有するような物品等は一人当たりの経費)を指します。

体験活動・地域活動 ハイキングやキャンプなどの野外活動、ボランティア活動、ボーイスカウト・ガールスカウトなどの活動に要 した経費
芸術文化活動 ピアノ、舞踊、絵画などを習うために支出した経費、音楽鑑賞・映画鑑賞などの芸術鑑賞、楽器演奏、演劇活 動などに要した経費
(内訳)月謝等 入会金、月謝等
(内訳)その他 入場料、交通費、物品費、図書費等であり、楽器、楽譜帳、舞踊のみに使う衣類等
スポーツ・レクリエーション 活動水泳・野球・サッカー・テニス・武道・体操などのスポーツ技術を習うために支出した経費及びスポーツイベ ント等への参加費、スポーツ観戦に要した経費
(内訳)月謝等 入会金、月謝等
(内訳)その他 入場料、交通費、物品費、図書費等であり、スポーツ用具の購入費や維持費等を含む
教養・その他 習字、そろばん、外国語会話などを習うために支出した経費及び小説などの一般図書・雑誌購入費、博物館・ 動物園・水族館・図書館などへの入場料・交通費など
(内訳)月謝等 入会金、月謝等
(内訳)図書費 単行本、文庫本、全集、絵本等であり、補助学習のために購入した場合を除く
(内訳)その他 入場料、交通費、物品費等であり、補助学習のために購入した場合以外のパソコン、パソコン用ソフト等の購 入費を含む
以上4つの学校教育費・学校給食費・補助学習費・学校外活動費の合計金額が年間で1,338,623円となっています。

公立中学と私立中学では学習費用の総額は約3倍の開きがある

当然公立中学の方が安く、48万1,841円となっています。

公立との比較

幼稚園から高等学校卒業までの15年間の学習費総額

文部科学省の子供の学習費調査では学習費用の総額も公開されているので参考にしてみてください。中学校のみ私立の項目はありませんので注意してください。

幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間について、各学年ごとの「学習費総額」をケース別に単純合計すると、ケース1のすべて公立の場合は約523万1千円となっている。また、ケース2の幼稚園だけ私立の場合は約608万9千円、ケース3の高等学校だけ私立の場合は約697万8千円、ケース4の幼稚園及び高等学校が私立の場合は約783万6千円、ケース5の小学校だけ公立の場合は約1、040万8千円、ケース6のすべて私立の場合は約1、769万9千円となっている。なお、ケース1とケース6の差は約3.38倍となっている。

年収ラインは家庭事情によって大きく異なる

受験ボックス編集部にも毎年私立中学にはいったいいくら必要なのかと質問が届きます。

「年収1,000万円なら私立へ行かせても問題ない」というボーダーラインはありません。各家庭によって月の出費額は大きく異なるからです。

  • 住宅ローンがある場合
  • 家賃がある場合
  • 車のローンや保険などの固定費が高い場合
  • 貯金の有無

これだけでもけっこうな差がでてきます。

子ども1人を中学から私立に通わせるには年収650万~が必要

モデルケース

家族構成

夫:38歳 会社員
妻:38歳 専業主婦
長男:小学校4年生

収入

夫:年収650万

保険

大手生保の終身保険のみ:月19,000

貯金

300万円

住居

東京に3400万円のマンションを購入
住宅ローン:2500万(35年返済)
月約9万円返済中
管理費・修繕積立金:月2.5万円
固定資産税・都市計画税:年10万円
その他雑費:年5万円

生活費

食費・通信費等:月20万円
その他旅行費など:年50万円

このモデルケースでは小学4年生にしていますので10歳になります。10歳から22歳(浪人せずにストレートで大学卒業)の中高一貫私立校→私立大学(文系)へ進学した場合をシミュレーションします。

年齢 10歳 11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳 22歳
教育費 69万 69万 109万 139万 106万 106万 140万 142万 202万 135万 107万 107万 107万

長男が私立大学(文系)卒業までにシミュレーション

総支出

sousisyustu

預貯金残高

cyokin

シミュレーションでは、子どもが私立中学に入学する年から300万円あった貯金がどんどん減っていくのがわかると思います。年収650万円で貯金が300万円あったとしてでもです。

子どもが大学に卒業する頃には、貯金は底をついてしまいます。

子ども1人を中学から私立に通わせるには、年収650万円がギリギリのラインといえます。

私立中学は無理をしてでも通わせるべきか?

年収が低いがどうにかなると、無理をして私立中学を入学をさせたが家計を圧迫し転校せざるを得ない事例も近年増えています。

もちろん絶対に650万円が必要ということではありません。年収400万円でも私立中学に通われている方も大勢います。

無理のない計画を立て目標額を設定し、私立中学にするのか公立中学にするのか選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。